デュッセルドルフから日帰り可能 ドイツで超穴場なSL体験施設

ドイツ

デュッセルドルフから北東へ車で約40分で行ける、ボーフム市にある鉄道博物館をお勧めします。ここでは、SL乗車体験ができるんです。途中下車してドイツらしい雰囲気が残る町を楽しむこともできます。あまり日本人には知られていない穴場スポットです。

キリン
キリン

日曜日にデュッセルドルフから日帰りで行けるおすすめスポット教えて!

管理人
管理人

ボーフムにある鉄道博物館がおすすめだよ~

この記事を読んで得られること

  • ボーフム市の鉄道博物館について
  • そのアクセス方法
  • 1日観光プラン
スポンサーリンク

行き方

デュッセルドルフ中央駅からの行き方です。Hamm行きのRE(快速)に乗り、Bochum中央駅まで行きます。6駅目、約40分かかります。Bochum中央駅で、Bochum Dahlhausen行きのSバーンに乗り換えます。22駅、24分ほどかかります。Bochum Dahlhausen駅からは徒歩で鉄道博物館へ向かいます。鉄道料金は、VRR-Dゾーンで大人片道15.40ユーロです。(2021年9月時点)

↑そもそものドイツの行き方については、コチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

鉄道博物館

社会で習い聞いたことがある「ルール工業地帯」に位置するBochum。その発展を支えた鉄道の歴史を見ることができます。石炭を運ぶために鉄道が使われていました。過去に活躍したSLやディーゼル機関車が展示されています。また、鉄道を保全するために尽力した努力などが展示されています。

メインイベントは、SL乗車体験です。SL、ディーゼル機関車、レールバスの3種類の乗車体験運行がされています。

博物館HPより引用

SL運行スケジュール

博物館HPより引用

毎年4月から10月までの第一日曜日にSL運行。2土曜日にレールバス。第4日曜日にディーゼル機関車の運行がされています。(2021年9月時点:SLは調整中のため、ディーゼル機関車でのけん引で代行)

運行時刻

1日2往復運航しています。

鉄道博物館からWengern-Ostまで。

片道約1時間半の鉄道旅です。ルール渓谷の自然の中を走行します。

博物館HPより引用

Wengern-Ostから鉄道博物館まで

博物館HPより引用

ルール川沿いの自然をゆっくり走行します。客車はクラシックで味があります。座席指定などはなく、空いているところに座ります。料金は片道なので大人11ユーロ(博物館入場券付き17ユーロ)です。博物館または各駅のインフォメーションで購入します。(2021年9月時点)

途中下車の楽しみ

途中Hattingenという小さな町があり、ここの探索はおすすめです。木組みの建物が残るドイツらしい町です。広場にはオープンカフェなどもあり、のんびりするには良い環境だと思います。

おすすめルート

デュッセルドルフからBochum Dahlhausenまで行き、鉄道博物館を見学。1時間くらいですべて見られると思います。

その後はSバーンでHattingenへ行き、町を探索。

14:42Hattingen発のSLに乗ってWengern Ostへ

Wengern Ostからは、バスでWitten(Ruhr)へ移動し、Bochum Hbfを目指します。

Bochum HbfからはREでデュッセルドルフへ戻ります。

Wengern Ost ⇒ デュッセルドルフは Dゾーンチケットなので15.40ユーロです。

まとめ

イメージ 1

お店が閉まってしまう日曜日。デュッセルドルフから日帰りで楽しめるおすすめスポットです。車で出かけるのも良いですが、鉄道を使って、ルール地方を一周してみるのも良いのではないでしょうか?鉄道網は発達しているので、いろいろなルートを楽しむことができます。

料金や運行ルートは変更になる可能性がありますので、事前に確認されることをお勧めします。

鉄道博物館ホームページ

また、このエリアの鉄道情報はVRR(このエリアの鉄道運行社)のサイトで確認できます。

最後までお読みいただきありがとうございます。少しでも皆様のお役に立てるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑少しでも気持ちがある方は、応援ぜひよろしくお願いします 

★★↓今、頭の中にある気になるものがあったら、お気に入り登録だけでも




▲↑↑楽天・Yahooで買い物するならポイント二重取りで超おすすめ!

★★


—–


★↑↑価格を抑えた宿泊先をお探しの方は、一度覗いてみては?




■↑↑お得な航空券が見つかるチャンス!操作も簡単です







包茎手術をタダで受ける方法
—–

—–


JTB

21.9.26 アイキャッチ変更 記事小変更

プロフィール
この記事を書いた人
ドリームビルダー

旅行好き。これまでに35か国訪問。

アメリカ、ドイツにそれぞれ4年居住経験あり。
この10年海外旅行へ行っておらず、
経済自由を手に入れて世界一周旅行を夢見ています。
夢を実現させるため、米国株、国内ネオモバで
ポートフォリオ作成中

ドリームトラベル = 略して 「どりとら」

このブログでは、

「旅行」
「キャンプ⇒主に車中泊」
「ブログ運営」
「資産運用状況」

を中心に発信します

ドリームビルダーをフォローする
ドイツ海外旅行
スポンサーリンク
下のボタンでシェア可能です ご利用ください
どりとらぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました