海外駐在経験2回の管理人がお勧めする 簡単に海外駐在員の特権を得る方法

海外駐在員になる方法 海外旅行

海外駐在を2回経験したフィリップです。

「海外に働きながら住んでみたい」こう思われている方は少なくないと思います。海外の異文化を体験したい。有名観光スポットを訪問したい。語学を勉強したい。いろいろあると思います。それらの希望をお金をもらいながらかなえられるとすれば、そんな良いことはないと思います。海外駐在経験2回の私がおすすめするポイントと海外駐在員になるためのステップをご紹介いたします。

フィリップ
フィリップ

海外で暮らす。あこがれよね 海外2か国で駐在経験のあるボクが

海外に住むなら「海外駐在員になるのがちょーお勧め」を記事にしたよ

スポンサーリンク

海外で暮らすメリット

 

 

  • お金をもらいながら生活できる
  • 観光地への費用が抑えられる
  • 外国語習得の近道
  • 将来役立つ人脈ができる
  • 異なる文化から自己を高められる

フィリップ
フィリップ

メリットだらけなんだよ

もともと海外志向の強い方はメリットしかないのではないでしょうか?毎日が新鮮で楽しめること間違いなし。

あえてデメリットを上げるとすると、日本人コミュニティが小さくなりがちです。たくさんの友達とアクティブに生活するのが好き、日本食以外ダメ、という人は少し合わないかもしれません。

スポンサーリンク

管理人の海外での暮らし

普段の仕事は慣れれば楽しい

海外独特の文化はありますが、基本的に全人類皆仲間です。あれ?と思うことは多いけれどそれも経験。割り切れば楽しいことだらけです。

休みの日には、割安なゴルフやアメリカンスポーツを観戦、射撃や湖でボートに乗るなど日本では体験できないことが盛りだくさん。

アメリカでは18州/50州訪問

ニューヨーク、ラスベガス、モニュメントバレー、マウントラッシュモアなど日本からだと都度10時間以上のフライトが必要ですが、最長4時間あれば行けちゃいます。

欧州訪問国は20か国

地続きで国境審査もほとんどない(国によってはあります)ので、車で簡単に隣の国を訪問できます。有名どころはかなり訪問しました。アイスランドやフィンランドは現地に住んでいないとなかなか行かないのでは?

TOIEC830点までアップ

海外駐在のメリット。英語力が上がります。日本語をあまり使わない環境ならさらに上がると思います。海外に住む前はTOIEC450点でしたが、対策勉強などすることなく点数は上がりました。役立つスキルが身に付きます。

フィリップ
フィリップ

海外がベストという意味ではないんだけど、貴重な体験は

財産となって人生に大きく影響すると思うよ

どうしたら海外生活できる?

  • 海外事業拠点がある会社に就職する
  • フリーランスで稼ぎながら海外生活
  • 外国人と結婚する

海外で生活する方法はいろいろあると思います。フリーランスになる、外国人と結婚する、に関してはハードルがかなり高いので、やはり海外に事業拠点がある会社に就職し、海外駐在員いなることがおすすめです。

海外駐在員に必要な職種

  • 営業
  • 生産管理
  • 品質管理
  • 経営
  • 設備保全

海外駐在員として求められている職種は上記のようなものがあります。これらの職種を選ぶと海外駐在員へ近づくことができます。

自ら手を挙げる人は少ない

私の関連する業界での実情としては、海外向けの人材は不足しています。自ら「海外へ行かせてください」という人は心の中で思っていても、会社側にオープンにしている人は少ないです。ですから、海外志向であることを会社側に伝えることはとても大切です。

フィリップ
フィリップ

ますます国際化が進む中人材は豊富ではないようじゃ

言葉はどうする?

外国語スキルより業務スキル・知識

海外では、外国人を管理監督する立場で派遣されることがほとんどです。言葉の問題を心配されると思いますが、「どう話すかよりも何を伝えるか」これが大切です。現地で役に立つ業務スキルを早く身に着けることが大切です。

言葉は自然と身につく

言葉は、毎日の会話やメールのやり取りで自然に身に付きます。はじめの半年くらいは辞書で単語を調べるのに必死ですが、ある時から急に「相手の言っていることがわかる」「言いたいことが伝わる」変化がやってきます。一番苦労するのは辞書にもない専門用語の略語だと思います。。。

\でも心配という方はプロに教わろう/

フィリップ
フィリップ

習うより慣れろだね。まずやってみる

すべては世界一周実現のため!これまでの海外訪問先を順位付け!

まとめ

私がおすすめする海外で暮らす近道は「海外駐在員」になることです。海外駐在員になるには、

  • 新卒時点で海外事業拠点がある会社に就職
  • 海外事業拠点のある会社へ転職
  • 外資系へ転職

という選択肢があると思います。

新卒の方は、企業研究をしっかり行いましょう。転職の際は転職サイトを利用すると良い求人がたくさんあります。海外2か国経験した管理人として絶対おすすめなので、あきらめずに皆様の人生を豊かにできる海外生活を実現させましょう

チャンスがある会社に勤めていれば、アピールしてチャンスをゲットしましょう。そもそも海外には縁もゆかりもない、という会社の場合は、思い切って転職もありだと思います。最近では転職エージェントも充実しているので、自分の実力を確認する意味でも、行動する価値はあると思います。簡単無料登録で、自らのキャリアを振り返る意味でも行動することをおすすめします。

転職で人生を大きく変えた友人も数人います。話を聞くと、

転職をするつもりはなかったが、

「自分の人生を見つめる良いきっかけになった」

「自分のスキルの棚卸ができた」

「今後の目標が明確になった」

友人の声

など前向きな声が多く聞かれました。

私自身も、転職エージェントから飛び込みの電話を受けたことがあり、職歴やスキルの棚卸をした経験は、現在でも役に立ったと感じています。皆さんも転職エージェントに教わりながら、自らの今後を見つめる機会にされてはいかがでしょうか?

\無料で自分の価値を確認できますよ♪/

※一部上場であの「両学長」イチオシの転職エージェントです

フィリップ
フィリップ

少しでも興味があれば、すぐ行動するんじゃ!

最後までお読みいただきありがとうございす。少しでも皆様のお役に立てるとうれしいです。

★★★







—–



—–


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑応援ぜひよろしくお願いします

プロフィール
この記事を書いた人

旅行好き。これまでに35か国訪問。

アメリカ、ドイツにそれぞれ4年居住経験あり。
10数年前の旅行三昧だった生活を取り戻すため、

①ブログ運営 「ノービス」クラス 5桁ブロガー
②投資 金融資産 27百万円 年間配当見込み額27万円
③趣味の車中泊で国内旅行

を実践中。

5年後に半独立を果たし、日本一周旅行、
その後世界一周旅行を目指しています。

ドリームトラベル = 略して 「どりとら」

このブログでは、

「車中泊とカーライフ」
「ブログ運営」
「資産運用状況」

を中心に発信します

フィリップをフォローする
海外旅行
スポンサーリンク
下のボタンでシェア可能です ご利用ください
どりとらぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました