超簡単!電池交換が不要になったダイソーランタンをUSB電源化する方法

アウトドア

電池式の電化製品たくさんありますよね。電池式はどこでも使えて便利な反面、電池交換が面倒くさいと感じています(私だけ?)。特に電力消費の多い製品は、交換頻度も高く、めんどくさい!大人気の「ダイソーランタン」を便利に使いたい!という思いで、電池交換を不要にできるようUSB電源化してみました。

\私のドメインもコチラで作りました/

キリン
キリン

ダイソーランタン安くてかっこよくて気に入っているけど、電池交換めんどくさいよ~

管理人
管理人

電池交換がいらない方法があるよ!USB電池化するのがおすすめ!

この記事を読んで得られること

▽  ダイソーランタンの電池交換が不要になる方法
▽ その便利道具を使った感想

こんなものがあるのか?!

きっかけはYouTubeで、ランタンUSB電源化のDIY動画を見つけたことでした。普段使っているUSBケーブルを用意し、コードを切って、ビニールチューブを剥がして銅線を出して・・・。挑戦しましたが、うまくいかず・・・。何度もやり直して、気がついたらコードが短くなってしまい使えない。ということもありますし、そもそも「はんだごて」がない。このようにUSB電源用コードは自作する必要があり、また、ランタン側の電池ケースの接触端子のはんだ付け固定も必要です。はんだごてを買ってまでは・・・

と悩んでいる時にAmazonで見つけたのがコチラの商品です。

USB-DCケーブル付きダミー電池

値段は2400円程度(楽天12月時点)

ダメもとで、ポチって見ました。


スポンサーリンク

セット内容

届いたセットは以下の内容でした。

  • ダミー電池:3本
  • DC電源コード付きダミー電池:1本
  • USB-DCコード:1本 (長さ180cm)

スポンサーリンク

早速ダイソーランタンで実験

取り付けはとっても簡単

取付というほどでもなく、ただ電池交換するレベルの作業です。

  • ダミー電池をランタン下部の電池ボックスにセット。
  • DC端子を接続。
  • USB端子を接続。

以上です。

スイッチを点けると・・・

点灯しました。このランタンは、白色光と炎タイプの2種類あるのですが、どちらも問題なく動作しました。これで電池寿命を心配することなく使うことができます。フル改造ではないので、引き続き、通常電池でも使うことができます

私は、モバイルバッテリーを使って車中泊に利用しています。

ダイソーランタンをUSB電源化して車中泊で使ってみたら、炎の雰囲気が最高でした

評価

 

5.0

 

価格お手頃価格
取り扱いやすさ説明書なくても扱えます
汎用性電池式製品なら何でもつかえます

簡単に取り付けられるので大満足の商品でした。このランタンがあると車中泊で大活躍です!車中泊用に準備するグッズについての記事もご覧ください。

価格もお手頃だし、電池を使う製品は家にはあふれていますので、持っておくと必ず役に立つアイテムだと思います。これを買ってみる

 

あと少し費用を負担できるのであれば、既存のUSB充電式ランタンもおすすめです。

他にも車中泊の役に立つアイテムを紹介しています

最後までお読みいただきありがとうございます。少しでも皆様のお役に立てるとうれしいです。お気づきの点がありましたら、コメントなどいただけると改善させていただきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

管理人
管理人

ちょっとだけでも役に立ったな~ と感じた方は ポチっとご協力お願いします



—–


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

管理人
管理人

少しでも「参考になった」と思われたら、ポチッとお願いします。とても励みになります!

プロフィール
この記事を書いた人
フィリップ

旅行好き。これまでに35か国訪問。

アメリカ、ドイツにそれぞれ4年居住経験あり。
この10年海外旅行へ行っておらず、
経済自由を手に入れて世界一周旅行を夢見ています。
夢を実現させるため、米国株、国内ネオモバで
ポートフォリオ作成中

ドリームトラベル = 略して 「どりとら」

このブログでは、

「旅行」
「キャンプ⇒主に車中泊」
「ブログ運営」
「資産運用状況」

を中心に発信します

フィリップをフォローする
アウトドア車中泊便利グッズ
スポンサーリンク
下のボタンでシェア可能です ご利用ください
どりとらぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました