【ディズニー体験記】リゾート最大級の709室のグランドニッコー東京ベイ舞浜で家族の夢をかなえよう!

グランドニッコー東京ベイ舞浜に宿泊しディズニーリゾートを家族で満喫した記事をフィリップが書きました。

東京ディズニーリゾートへ行きたい!そう思ったが吉日、情報収集始めちゃいましょう。グランドニッコー東京ベイ舞浜への宿泊を検討されて言う方のために、私たち家族が宿泊した体験を共有します。施設は最高!文句なくお勧めできるホテルでした。

グランドニッコー東京ベイ舞浜
スポンサーリンク

ホテルの場所

ホテルは、オフィシャルホテルが立ち並ぶディズニーリゾート西側に位置しています。リゾートの外周道路を北西から南下すると3つ目の建物です。かなり巨大なベージュの外壁のホテルです。

グランドニッコー東京ベイ 舞浜

グランドニッコー東京ベイ舞浜への電車でのアクセス

JR舞浜駅から、ディズニーリゾートラインモノレールで、ベイサイドステーション駅まで行きます。そこからシャトルバスを利用します。写真のようなディズニークルーザーに当たるとテンション爆上がりです!

でぃずにーくるーざー

グランドニッコー東京ベイ舞浜への車でのアクセス

アクセス方法

【東京方面から】

首都高湾岸線 葛西出口より国道357号線へ入り、右手にディズニー施設が見えて来たら舞浜方面へ左斜め前方向へ進みます。

道なりに進み、右手にセブンイレブンが見えて突き当たったT字路を左へ(左しか行けない)

パーク外周道路を南へ進み、ディズニーランドのオフィシャルパーキングを超えて、3つ目のホテルが「グランドニッコー東京ベイ舞浜」です。

【公式】グランドニッコー東京ベイ 舞浜 | 東京ディズニーリゾート®オフィシャルホテル (grandnikko.com)

スポンサーリンク

宿泊したプラン

大人2名、幼稚園児、未就学児の私たち家族4人はスタンダードルームに宿泊しました。

部屋は、キングサイズベッド2台で十分の広さ。朝食は1階の内容充実、大満足のビュッフェでした。

合計料金:48,900 円 (4月の土曜日宿泊)

パークチケット購入権付きでしたので、ホテルでチケットを購入します。チケット料金は上記の宿泊プランには含まれていません。

チケットは2カ所で購入できる

・ホテル内フロントカウンター

 → AM6:00-PM8:00


・舞浜駅前、東京ディズニーリゾート®・ウェルカムセンター内1Fホテルサービスカウンター

 → AM8:00-PM3:00

\私たちの体験したプランを見る/

「グランドニッコー東京ベイ舞浜」で検索

美女と野獣は抽選制でした

部屋の様子

部屋は、レインボーフロア・スタンダードルームを紹介します。ディズニーリゾートサイドの部屋で、28平米の広さは家族4人には十分すぎる広さです。

バスタブ付きの広々としたユニットバスもあるので、とても快適です。

本当は翌日のために早く寝たいのですが、窓から見えるディズニーエリアの景色やホテル内の探索でワクワクしてしまって、寝付けませんね。

朝食

朝食をどうするか?以下の3つのパターンから選択することになります。

にこにこバーガードリンクセット ¥950

絶対にお勧めする朝食は、”にこにこバーガードリンクセット”です。ミニハンバーガー、フレンチフライ、フルーツのセットです。時間節約して開園時間前にゲートに行きたい、そういう方は、この朝食が良いです。

ビュッフェ

レストランでの期待を裏切らない朝食。洋食と和食のバラエティに富んだメニューを楽しむことができます。値段以上の価値を楽しみましょう。目の前で調理してくれるオムレツやハンバーガーを楽しみましょう。

中央ガーデンの開放的な雰囲気で、リゾート気分を満喫できます。

【場所】ル・ジャルダン
【時間】6:30 ~ 10:30
※当面の間、7:00~10:00
【対象】どなた様でもご利用になれます。
【料金】大 人(13才以上) ¥3,800
    9~12才       ¥2,500
    4~8才       ¥1,900
    未就学児(3才以下)  無料

独自に用意

どうしても誰よりも入場を早くしたい。そう考える方は、独自で事前に用意することをおすすめします。ビュッフェ・モーニングBOXは7:00からの対応となるので、ゲートまでの移動を考えると、入場が遅れてしまいます。

コンビニ購入や家から準備するなど対応をしましょう。

駐車場

駐車場はホテル裏側の駐車場を利用できます。到着日の7:00から翌日12:00まで3100円です。

宿泊当日も7:00から利用できるので、オフィシャルパーキング(2500円)を利用しなくても止められそうですね。ただし、入園1時間前なので、ゲート前の待機列が気になるところです。

2日目に関しては、オフィシャルパーキングへの移動が必要です。そのまま駐車場利用もできますが、300円/時間かかります。

20時までパークを楽しむと、300円✕8時間 ⇒ 2400円

オフィシャルパーキング(2500円)とほぼ同じくらいですね。パークの滞在時間と、パークからの距離を考えてどちらにするか決めると良いですね。

ディズニーリゾート宿泊体験まとめ

結論

今回の体験は、1日目ディズニーランド、2日目ディズニーシーを満喫する欲張りプランでした。ディズニーオフィシャルホテルの滞在は本当に快適なので、絶対におすすめです。

パークを夜遅くまで楽しみ、翌日も朝早くにチェックアウトするのはもったいないくらいの施設ですね。お金に余裕があればもう一泊してホテルそのものを楽しむ、これもありですね。

家族の笑顔を絶対に獲得できるので、今すぐプランを立てちゃいましょう!

\プランを見るだけならタダ!/

グランドニッコー東京ベイ 舞浜

最後までお読みいただきありがとうございます。少しでも皆様のお役に立てるとうれしいです。

プロフィール
この記事を書いた人

旅行好き。これまでに35か国訪問。

アメリカ、ドイツにそれぞれ4年居住経験あり。
10数年前の旅行三昧だった生活を取り戻すため、

①ブログ運営 「ノービス」クラス 5桁ブロガー
②投資 金融資産 27百万円 年間配当見込み額27万円
③趣味の車中泊で国内旅行

を実践中。

5年後に半独立を果たし、日本一周旅行、
その後世界一周旅行を目指しています。

ドリームトラベル = 略して 「どりとら」

このブログでは、

「車中泊とカーライフ」
「ブログ運営」
「資産運用状況」

を中心に発信します

フィリップをフォローする
国内旅行
スポンサーリンク
下のボタンでシェア可能です ご利用ください
どりとらぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました