【どうやって決めたらいいの?】チャートで選べる4つの生活タイプ別おすすめスタッドレスタイヤ8選

スタッドレス選び方のブログ カーライフお得情報
アイキャッチ 雪国 スタッドレス

カーライフについて発信しているフィリップです。

いよいよ冬が近づいてきました。車を持つオーナーの方は頭にタイヤ交換というキーワードが浮かんでいる頃でしょう。そう、雪が降った際の安全運転をサポートする「スタッドレスタイヤ」の準備です。それぞれ生活環境が違う中で、どのメーカーの、どの商品を選べばよいのか?自分に合った選び方を共有します。

キリン
キリン

寒くなってきて冬タイヤを準備したいけど、たくさんありすぎてどれにしたらいいの?!

フィリップ
フィリップ

まずは自分の住む地域タイプを確認して、タイプに会ったタイヤを選ぼう!

スポンサーリンク

4つの生活タイプ

常に積雪のある地域居住タイプ

頭の中には、北海道が浮かんでいるのではないでしょうか?そうですね。北海道・新潟・スノーリゾートなど常に積雪があるエリアですね。

冬の80%は雪の上の走行という地域ですね。

アイスバーン、新雪、圧雪路に強いタイヤを選びたいですね。

積雪路と舗装路の走行割合が半々タイプ

走行パターンで行くと、積雪路と舗装路が50%で、タイヤには雪道性能と舗装路に対する耐久性が両方求められるタイプです。

おおむね常に積雪路であることを想定したタイヤ選びとなります。

都市部に住んでいてスノーリゾートへ頻繁に行くアクティブタイプ

まさに私のことです!名古屋などの都市部に住み、年間5~10回スノーリゾートへ出かけるタイプです。雪上走行はスノーリゾートエリアのみですね。名古屋は年に2・3回積雪もあるので、そちらへの備えにもなります。

冬の間は舗装路走行が9割以上なので、ある程度タイヤの硬さ=すり減りにくさが求められます。

万が一の積雪に備えるタイプ

ほとんどの方がコチラのタイプだと思います。厳しい冬将軍の到来のニュースを聞いて、慌ててカー用品店に駆け込む、事前の準備を・・・とわかっていてもそうなりがちですね。

年に1度の積雪であっても、安全確保のためには、スタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンの準備は欠かせません。すり減りにくい硬めのタイヤを選びましょう。

または、価格の一番低いものでも十分機能するでしょう。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤ候補8選

選び方SELECT

国内外のスタッドレスタイヤの候補を8つ選定しました。命に係わる大事なものなので、信頼性を優先しています。

ブリヂストン ブリザック VRX3

「北海道のタクシーの9割がこのタイヤ」と聞いたことがありますね。常に積雪路を走るタイプには最適です。やわらかい素材を選定することにより、アイスバーン・積雪路でのグリップ力を発揮します。

背反として、舗装路での耐久性は低下します。つまりすり減りやすい、雨天に比較的弱いということです。

ヨコハマタイヤ アイスガード IG7

国産ではブリヂストンに次いで人気があるメーカーです。タイヤのタイプはやわらかめで、積雪路に強い設定です。性能も近年「ウルトラ吸水ゴム」を導入し向上しており、その分価格も上がってきていますね。

トーヨータイヤ トランパスTX

国産では一番お手頃価格ナスタッドレスタイヤです。素材は硬めで耐久性を求める人向けの性能です。交換しても雪道に遭遇する可能性が低い方におすすめです。

ダンロップ WINTER MAXX 03

住友系のゴムメーカーであるダンロップ。撥水効果は氷上性能、耐久面でも雪の少ない地域で定評があります。日本製の信頼性は揺るぎません。

ミシュラン X-ICE

フランスに本社のあるブリヂストンの強力なライバルです。ミシュランガイドの「あのミシュラン」です。タイヤメーカーだったんですね。寒さの厳しい欧州でドイツのアウトバーンからスイスのスノーリゾートも走行できるように設計されたバランスも良く、どちらかというと耐久性を重視したタイヤです。

グッドイヤー アイスナビ7

商品名の通り氷上で止まる、を徹底的に研究した性能を誇るタイヤです。しなやかなゴムで氷面密着効果を高め、高剛性ブロックで大柄なボディをしっかりと支えます。欧米系なのでこのタイヤも例にもれず、耐久性重視の設定となっています。

グッドイヤー社は、アメリカ・オハイオ州の会社で、1916年からタイヤを製造している歴史あるメーカー。F1で装着して走る姿を目にすることも多いですね。

コンチネンタル NorthContact NC6

メルセデスベンツやBMWがあるドイツのタイヤメーカー。冬の低温環境下でも柔軟で経年劣化しにくい特性があり、凍結路面でもゴムが路面の凹凸に密着することで優れたグリップ性能とブレーキング性能を発揮しつつ、効きも長持ちします。さらにタイヤの路面との摩擦時に発生する抵抗を減少させ、燃費性能も考慮されています。バランスの取れたタイヤと言えます。

ノキアン ハッカペリッタR3

「ノキアン」??なにそれ?そういう読者の方がほとんどですね。1934年に世界初のウィンタータイヤを販売したフィンランドの老舗メーカーです。北海道よりも寒さの厳しいフィンランド北部。その環境で鍛えられた信頼は、メルセデスベンツ、BMWも推奨する事実が証明しています。

特徴
  • ドライ路面の高速速度レンジは170km
  • 低燃費性能に優れる
  • アイスバーンに強い

タイプ別おすすめスタッドレスタイヤ

ハッピーな行動

うーん、どれにしたらよいか困ってしまいますね。そんな皆さんのために、アンケート形式でぴったりのタイヤに巡り合える「選択式おすすめタイヤ発見チャート」を開発しました!

【選択式おすすめタイヤ発見システム】

Q1:積雪路面と通常路面の走行割合は? 積雪路面の割合を選択してください

80%以上 ⇒ Q2

30%以上79%未満 ⇒ Q3

30%未満 ⇒ Q4

Q2:価格よりも性能だ!

Yes ⇒ あなたにおすすめのタイヤは 「玄人好みタイヤ」←クリック

No ⇒ あなたにおすすめのタイヤは 「雪道名人タイヤ」←クリック

Q3:雪道運転に自信がある

Yes ⇒ Q5へ

No ⇒ あなたにおすすめのタイヤは 「性能重視タイヤ」←クリック

Q4:できれば安く抑えたい

Yes ⇒ あなたにおすすめのタイヤは 「節約上手タイヤ」←クリック

No ⇒ あなたにおすすめのタイヤは 「ドライも重視タイヤ」←クリック

Q5:人と同じものが嫌い

Yes ⇒ あなたにおすすめのタイヤは 「個性的実力タイヤ」←クリック

No ⇒ あなたにおすすめのタイヤは 「バランスドライバー向けタイヤ」←クリック

スタッドレスタイヤお得な購入方法

良くするための行動BETTER

自分で作成したチャートにおすすめされたタイヤは、「グッドイヤー IceNavi」でした。では、このタイヤを一番お得に購入するにはどうしたら良いでしょう。

比較した結果、楽天で購入するのが一番お得という結果でした。取り付けについても提携工場・ガソリンスタンドの予約も楽々です。

地元のタイヤ屋さん

対象のタイヤの取り扱いはありませんでした。一応価格の低いタイヤを見積もってもらったところ・・・

トーヨータイヤのTranpath TXが

72,200円(すべて込み)

でした。

楽天市場

一本当たり、12200円+2090(取付工賃)で、57,160円


取り付けも提携ガソリンスタンドや整備工場があるので問題ありません。

Yahoo

14,090円/本  ⇒56,360円/セット (取付工賃含まず)

取り付けは、自分で手配しないとダメそうです。

Amazon

63,800円/セットでした。

こちらも取付を自分で手配しなくてはいけません。

Tirehood

69,900円/セット (取付工賃込み)

\私が一番お得に購入したサイト/

まとめ

結論

今回の8つの商品の比較表です。

※私の愛車アルファード(215/65/R16)でのタイヤのみ(ホイール別)価格です。

価格は送料・取付工賃込みの価格です

価格だけで選べば、「トーヨータイヤ Tranpath TX」。実力では、雪上「ブリヂストン ブリザックVRX2」。私のように都市部からスノーリゾートへ良くいかれる方は、「ダンロップ WinterMaxx」「グッドイヤー IceNavi」を選ぶことになります。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。少しでもお役に立てるとうれしいです。

プロフィール
この記事を書いた人

旅行好き。これまでに35か国訪問。

アメリカ、ドイツにそれぞれ4年居住経験あり。
10数年前の旅行三昧だった生活を取り戻すため、

①ブログ運営 「ノービス」クラス 5桁ブロガー
②投資 金融資産 27百万円 年間配当見込み額27万円
③趣味の車中泊で国内旅行

を実践中。

5年後に半独立を果たし、日本一周旅行、
その後世界一周旅行を目指しています。

ドリームトラベル = 略して 「どりとら」

このブログでは、

「車中泊とカーライフ」
「ブログ運営」
「資産運用状況」

を中心に発信します

フィリップをフォローする
カーライフお得情報
スポンサーリンク
下のボタンでシェア可能です ご利用ください
どりとらぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました