そろそろディーラーで見かけるけど、やっぱりここに来れば「新型プリウス」に会える!その場所とは?

新型プリウスの展示車についてフィリップが記事を書きました。

新型プリウスが2022年12月に発表されました。発表会を見てプリウスに対するトヨタの力の入れ方を感じました。一目見て「かっこいい」と思いました。プレスリリースの写真を見ても、その斬新なコックピットや未来を感じる外観など、話題が付きませんね。

展示車はどこで見られる?ということで、あの場所に行ったら・・・ やっぱりありました!

キリン
キリン

新しい「プリウス」が発表されたね。いち早く展示車を見たい!どこで見られるの?

フィリップ
フィリップ

そうだよね~。やっぱりあの場所に行けば見られると思うけど・・・

この記事を読んで得られること
  • 新型プリウスについてのかんたんな感想
  • 最速?で展示車を見られる場所
  • 展示場所の注意点

納車後に買ってよかった~新型クラウンでも役立つアイテムを紹介した記事もご覧ください
スポンサーリンク

新型プリウスの展示車が見られる場所

それは・・・

愛知県豊田市にある

トヨタ会館

です。

どこ?それ?と思われた方は少なくないと思います。

トヨタ会館は、トヨタ自動車のモノづくりに対する考え方や、クルマの作られる工程、最新の環境・安全技術を知ることができる施設です。トヨタを代表する新型車も展示されています。

トヨタ会館・工場見学 (toyota.co.jp)

工場見学の出発点にもなっており、トヨタの自動車づくりの現場を見学そして説明も受けられ、強さの秘訣を感じることが可能となっています。

※ただしコロナにより現在は中止しています

所在地は、愛知県豊田市トヨタ町。そうトヨタ自動車の本社に隣接しています。

管理人オリジナル

そうです。今回「新型プリウス」の展示車は、この施設で見ることができました。

スポンサーリンク

新型プリウスの外観と内装

クラウンの外観と内装について感想を書きたいと思います。あくまでも個人的な見解なのでご理解くださいね。まず4タイプの中で今回の展示車「CrossOver」についてです。

人気装備を標準設定した”Advanced”というグレードを先行で生産するようです。

 

外観

正直あまり外観には期待をしていませんでしたが、良い意味で裏切ってくれました。未来の車を感じさせ「先駆け」という言葉がしっくりくる外観です。横から見ると高級スポーツカーにも見えなくもないですね。

このデザインだとクラウンよりもコチラを選ぶ人が多いのでは?

燃費も良いし、価格によっては購入を前向きに検討しちゃいます。

  • 世界の流行を受けたデザインは近未来を感じさせる
  • シンプルなフロントとリアのデザインは魅力的

 

内装 

続いて内装です。まず皆さんが注目するのはダッシュボードでしょう。従来の考えとは大きく異なり、良い改良が加えられました。

「ヘッドアップディスプレイ」というオプションがあるように、運転中の視線をあまり変えない方が安全です。その発想を中心に考えられた、かなり前方に配置されたダッシュボードです。

車内空間も広く感じて良いですね♪今後のトヨタのスタンダードになりそうな予感です。画面が少しちいさいかな~。他の車種は大きくなっていくのでしょうか?

トヨタ会館の注意点

ただし、いつでも新型車が見られるわけではありません。開館は、

トヨタ自動車操業日 + 土曜日

となっています。

操業日???

簡単に言うと、日曜日は休館ということです。

時間は 9:30~17:00 です。

系列違いの見積もりにより、値引きを獲得しかなりお得に購入できました。それと同じくらい役に立ったのが、買取サイトです。どんな車でも査定してくれるところがおすすめですね。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

\62万円お得に新車購入した方法/

【家族の笑顔を見るために!】新車購入時に62万円節約できた教科書通りの方法とは?

\新型プリウスUSB情報/

5代目プリウスのUSB装備はグローバルスタンダード?待ちきれないのでネット情報で調べた結果は?

まとめ

【記事まとめ】

  1. 新型プリウスの展示車が見られる場所
  2. 新型プリウスの外観と内装
  3. トヨタ会館の注意点

新型プリウスは、愛知県豊田市にある「トヨタ会館」で展示車を見ることができました。これまでのプリウスへの固定概念を覆すようなデザインは、世界への販売を拡大するには良いのかな~と感じました。日本を代表するトヨタ自動車。応援したいと思います。

23年1月20日時点で家の近くのディーラーに行ったら展示車置いてありました。

\USBについてのオタク記事/

プロフィール
この記事を書いた人

旅行好き。これまでに35か国訪問。

アメリカ、ドイツにそれぞれ4年居住経験あり。
10数年前の旅行三昧だった生活を取り戻すため、

①ブログ運営 「ノービス」クラス 5桁ブロガー
②投資 金融資産 27百万円 年間配当見込み額27万円
③趣味の車中泊で国内旅行

を実践中。

5年後に半独立を果たし、日本一周旅行、
その後世界一周旅行を目指しています。

ドリームトラベル = 略して 「どりとら」

このブログでは、

「車中泊とカーライフ」
「ブログ運営」
「資産運用状況」

を中心に発信します

フィリップをフォローする
新型車情報
スポンサーリンク
下のボタンでシェア可能です ご利用ください
どりとらぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました